善玉菌のチカラまとめ中 | 善玉菌の情報

善玉菌って何?

善玉菌について

私達人間の腸内には、実にさまざまな菌が存在しています。

 

その細菌類の種類は500種類以上もあり、さらに研究が進むことでその数が増えるとされています。

 

数多く存在している細菌の方には、身体にとって良い働きをしてくれるものと、悪い働きをするものがあります。

 

 

人間の健康に役立つ菌が善玉菌と言われていて、
逆に健康を害してしまう作用のある細菌を悪玉菌として分類しています。

 

善玉菌の代表的なものが乳酸菌やビフィズス菌で、
これらを積極的に摂取することで、腸内の善玉菌が優勢の健康的な腸内にすることができます。

 

腸内細菌は、この善玉菌と悪玉菌、
さらにこの両者のうちの勢力が強い方になびく日和見菌があります。

 

この3つの細菌のバランスが腸内環境を決定づけて、人間の健康を大きく左右します。

 

善玉菌:悪玉菌:日和見菌の割合が2:1:7が理想的なバランスとされています。

 

ストレスや加齢、食習慣などにとって、悪玉菌が優勢になりやすいので、
善玉菌を多く含む食品を積極的に摂ることが大切です。


善玉菌の種類

善玉菌の種類

腸内細菌の中でも人間の身体にとって有益なものは善玉菌と呼ばれています。

 

善玉菌が優勢であることで、病原菌に感染するのを防ぐことができたり、
免疫機能が高まったり、消化管の運動性を高めることができます。

 

腸内環境と人間の健康はとても密接な関わりがあるのですね。

 

腸内の善玉菌を優勢にするためには、食品から善玉菌を摂取することが効果的です。

 

 

善玉菌にはさまざまな種類があって、
現在30種類以上の善玉菌があることが分かっています。

 

代表的なものが、コレステロールを下げたり
免疫力を高める作用のある「ラクリス菌」や、
大腸に住み着き、悪玉菌を追い出す作用のある「ビフィズス菌」、
強力な粘り成分のある「クレモリス菌FC株」などがあります。

 

善玉菌である乳酸菌は、乳製品に多く含まれているイメージがありますが、
お味噌やぬかずけ、キムチなどの発酵食品にも多く含まれています。

 

乳製品に含まれている動物性由来の乳酸菌とお味噌などに含まれている植物由来の乳酸菌があります。

 

動物性由来の乳酸菌を摂ることで下痢などになる方は、植物性由来の乳酸菌で善玉菌を補うことがおススメです。

 

 

善玉菌のチカラ